kamiokandoのブログ

kamiokandeで登録しようと思ったらすでにされていたので勢いでkamiokandoに

ミシンを買ってしまった

まだ注文しただけですけど、、。

買ったのは腕ミシン(シリンダーベットともいいます)。

新品です。

送料と税込で25万くらいします。

めちゃめちゃ重たいです。

ただし入荷が月末になるとのことで、うちに来るのは月末か来月頭になります。

やっちゃったな。

でもやらないと後悔するような気がしたので、やりました。

しばらくレザークラフトに力を入れます。

その前に資格試験があってそちらの勉強もしないといけないですけど。

 

iPhone5cに寿命がきた

iPhone4sがとても遅くなって勝手に再起動までするようになったので、中古のiPhone5cを買ったのがちょうど2年前。

現在は5cがそのような症状になっています。

買ったばかりの頃はサクサクで感動したものです。そうだ、アップデートしなければいいんだ。今度新しいスマホを買ったらそのままにしてみようかな、、。

中古で6sやSEを買っても寿命が早く来るので7か8を買う方が安いのか悩み中。

X?高いわ。

小銭入れを作りました

本当はミシンで縫うんですけど、適切なミシンがないので手縫いで仕上げました。

糸に蜜蝋を塗るのを忘れてた、、、。

ミシンがあることはあるんですけどあまり分厚いものは縫えず調整もとれていないので。

革はルガトショルダー。

f:id:kamiokando:20171031230041j:plain

f:id:kamiokando:20171031230053j:plain

 

以下は制作途中。

裏地と革の間には芯材を入れてあります。

f:id:kamiokando:20171031231737j:plain

 

芯材を三角形に切ってあるので折り曲げやすいです。

f:id:kamiokando:20171031231742j:plain

 

本の型紙から作っているのでまだ簡単ですが、オリジナルを作ろうとすると自分で型紙を作るのがまず大変でしょうね。

f:id:kamiokando:20171031231749j:plain

革を薄くする(漉く)必要があるんですが、近くに薄くする業者があるのでとても助かっています。

この本を参考書にして作りました。 

レザークラフトを始めたばかりの頃は伝統工芸か素人目に見てももっとチープな本しかありませんでした。レザークラフトの本を多数出版しているSTADIO TACのおかげです。Etsyから始まってminneやCremaといったハンドメイドの作品を販売できるチャンネルができたのも大きいです。その分ライバルも増え中古品の物価も上がりました。売りやすくなったとも言えますが。

お金出してください

Readyforっていうクラウドファンディングのサービスがある。

それを知ったのはレーザーカッターの資金調達をしているのに興味を持ったからだ。

出資して買ったレーザーカッターは精度が全然出ず、Facebookでみんなが症状と改善を書き込む場を設けてなんとか使っている状態。自分はどこをどう調整すればいいのか分からず3回使ったくらいで投げ出しました。組み立てただけではまともに使えない、製品としてはC級品です。

まあそれはいいんですが、Readyforを見ていると自分が店を出すっていう案件が多くて驚いています。ようするに「店経営したいんだけどお金出してくんない?」ってことです。もちろんリターンがあるんですが微々たるものです。

中には会社を経営しているのに二百万くらいの調達を希望してる人がいたり。

それくらい出せよと思うんですが。

まあ情に訴えかける「保護猫カフェを作りたい」とか「廃墟になった建物を再生して地域をの活性化に役立てたい」とか書いてますけど、ようするに「店作りたい」ってことです。

中には動物保護でもNGOが本格的なシステムを作っているものもありますが。

 出したい人が出してるのでいいちゃいいんですが、それって楽だなあと思ってしまいます。銀行みたいに利子付けて返さなくていいしね。

仕事場の風景

仕事場はとある製鉄所です。

とても広くて色んな所へ行くんですが、施設がまあ古い古い。

自分が生まれる前に作られた機械がまだ現役で動いてますからね。

多分これからもずっとメンテしながら動かしていくはず。

地下もいっぱいあってそこの風景が工場萌えというか濃すぎてサイレントヒルみたいな世界観になっています。写真集出したらそこそこ売れるかもしれません。古い発電所や製鉄所はどこも同じ感じでしょうね。

遠くから工場を見ていたときは「一度あそこの階段やダクトの側を通ってみたいな」とか思っていたんですが、自分がその立場になるとあまり何も感じなくなります。

敷地は広いんですが作業する所は大体狭いですね。油まみれだし。

塚本晋也監督の「HAZE」の冒頭のような場所とかね、、。

最近ぼんやり考えたこと

GoogleニュースとGooglePlayニュースの違い

小型家庭用ゲーム機Ouyaの現在

100ドルPCの現在

iOS8にも影響を与えたAnyDoのメールアプリはいつ出るの?

 リサ・スタンスフィールド元気かなあ

 

まあ検索すれば分かるんですけどね。

 

SEIKOの壁掛け時計

お題「愛用しているもの」

SEIKOのKS474Mです。

バスの車内にあるようなレトロな雰囲気の時計です。

側が金属で裏面はゴムでできていて防塵性があります。

高かったんですがデザインが気に入っているのと音が全くしないのが気に入っています。秒針がスーッと動くスイープセコンドです。寝室に最適。

こいつが先日止まりまして、また電池切れだと思って交換したら動かない。どうもテンプは動いているようなんだけど針が動かない。叩くとしばらく動くんですけどすぐに止まってしまいます。

あー、これは故障か。とうとう来たかー、ととても残念な気分に。時計でこの値段をまた使うのかと思うとちょっと憂鬱。

試しにムーブメントの交換で検索したら、まさにこの時計のムーブメント交換記事を見つけて修理できるのを知りました。

そうとなれば売っている所を探すまでです。

日本のサイトでは二千円ちょい。

中国では千円ちょいだったので、SEIKOの関連会社のムーブメントということと秒針がスイープセコンドなのを確認してポチりました。

二週間ほどで届きました。

針も付属してたんですけど販売ページの画像のものと違ったので販売者に「送ってくれ」と連絡中。

まあ元の針を使うんでいいですけど。

さすがSEIKOの関連会社のムーブだけあって固定する穴にきっちりはまりました。

f:id:kamiokando:20170806145701j:plain

 

針を十二時にセットします。でないと回転したときにきっちり合いません。長針、短針、秒針の順にセットします。穴に入れてグッと押し込むだけです。

f:id:kamiokando:20170806145836j:plain

f:id:kamiokando:20170806150109j:plain

 

ケースに入れて完成です。

マンガン電池を入れて無事に動きました。

ムーブメントには「アルカリ電池や充電池は使わないでね」と書いてあります。どうも時計やリモコンの電池にはマンガン電池がいいようです。リモコンにいい理由は液漏れしないから。前宿泊した施設のリモコンはアルカリ電池使ってて液漏れして粉吹いてた。

故障前はずっとeneloopを使っていたのでそれが故障の原因かもしれないな。電圧低くても全然狂わなかったし。