kamiokandoのブログ

kamiokandeで登録しようと思ったらすでにされていたので勢いでkamiokandoに

Google Mapで見つけた中国のあやしい地形

 

中国はメガソーラーパネル風力発電所がめちゃめちゃあるので、その工事や整備用の道路かと思ったけど、こんな規則正しいくクネクネしてるのはおかしいよね。

すごいのは山があっても力ずくで線を引いているところ。

所々回り道してるけど先を辿れば辻褄が合ってる。

そして少し西に行くと境界線があってグリッドの引き方が変わってる。

謎です。

何箇所か似たような所があるんですよね。

ちなみにウイグル自治区

 

そして下の場所はまた違ったパターン。

こちらはジグザクになってます。

何か理由があるんでしょうけど途中でクネっと曲がっているのが何とも不気味。

今年は鞄を二つ完成

今週のお題「2019年上半期」

 

レザークラフトで鞄を二つ完成させました。

一つは日本ではダレスバッグと呼ばれるもの。アメリカではドクターバッグと呼ばれています。完全手縫いでとても時間がかかります。
口枠の金属も自分で加工しました。この鞄のこの口枠のためだけにハンドベンダーという工具を九千八百円も出して購入しました。

もう一つが大きなボストンバッグ。
これは去年の3月くらいから作り始めて1年以上かかりました。
鞄教室でミシンで作りました。手縫いは一切なし。
でも週一のレッスンなので結果的にはこちらの方が時間がかかりましたね。

これがダレスバッグ。

f:id:kamiokando:20190702105531j:plain

ダレスバッグ

持ち手からぶら下がっているのはキーケースです。おしゃれでしょ?
「ダレスバッグを仕立てる」という一冊まるまる作り方を掲載した本がありまして、買ったはいいんですが「これ、できるかなあ?」と自分でも半信半疑に。
思い切ってやってみたらできました。

写真では表の縫い目は綺麗に揃っていますが裏面はけっこう歪んでたりします。
錐(キリ)で縫い穴を開けるんですけど、革の厚みがあるので少し角度が違うと突き出た向こう側の穴位置はかなり歪んでしまいます。これも熟練の技が必要。

 

こちらがボストンバッグ。

f:id:kamiokando:20190702105712j:plain

ボストンバッグ

これはちょっと内装を失敗しています。
あと芯地を入れるべきでした。
大きすぎて荷物が入っていないときはクタッとしてしまいます。

 

手縫いとミシン縫いでは手縫いの方がいいと書いているサイトが多いように思います。
個人的にはどちらがいいというのはあまり思わないですね。
ミシンの糸もポリエステルですがかなり丈夫で、手で引きちぎれなかったりします(太さにもよりますが)。手縫いはほつれたときに、そのほつれが広がりにくいというメリットはあると思いますが麻糸の方が摩耗には弱いです。

しかし弱いとは言ってもそんなにすぐ寿命が来るものでもないので、かなりヘビーな使い方をしなければ全然大丈夫です。なんなら一生使えると思います。

余談としては財布を作るのにクラウドファンディングで資金を集めてるのをよく見かけるんですが、必ずといっていい程出てくるキーワードが

「タンニン鞣(なめ)し」です。

タンニン鞣しとは植物原料で皮を革に鞣す作業のことです。世間では「植物由来だからいい」みたいな論調ですが、個人的にはそうは思いません。

もう一つの鞣し方に「クロム鞣し」があります。こちらは化学薬品などを使って鞣したものです。仕上がりが柔らかく水で色が落ちにくいなどの特徴があります。しかし革の断面を磨いてもツルツルになりにくいです。

どちらにも特徴があってそれぞれに利点・欠点があります。

要は使い方ですね。

エルメスはクロム鞣の革を使っています。
鞄教室の先生はエルメスにガーッと入っていって鞄を手にとってまじまじと研究するそうです。先生によると革も傷の入っていない少ししか取れないいい部分だけを使っているのでそりゃ高いよなって言ってました。全部手縫いなので歪んでいるところもちょくちょくあると。

エルメスのサイト見てたら縫い目が歪んでいる商品が一つだけあって親近感が湧きました。

縫い方でも手縫いがいいとかは特にないと思いますが、見た感じの味の好みはどうしても出てくるものです。手縫いはその味がいいんですよね。

作るペースが遅いのでもっと早く作れるようにしたい。
原因はダラダラとスマホ触ったりテレビ見たりしているからです。
頑張れ!俺!

目覚めすっきり

久しぶりに良い睡眠ができたのでメモ。

眠る前は、夕食前にインバータルトレーニングを20分ほど行う。
インターバルトレーニングとは、運動を一定時間行ったら一定時間強度を減らすのを繰り返す運動のこと。内容は何でもいいです。ランが効果が高そうなのでいつも走ってます。

自分の場合

  • 30秒全力疾走
  • 1分30秒歩く(完全に止まって休むのは効果が薄いし体にもよくない)
  • それを7回繰り返す

以上です。

まあこれがとてもキツイです。
そのかわり短時間で強度の強い運動ができます。
強度の度合いは下記のポーズで分かります。

https://2.bp.blogspot.com/-OD-n_Sp4Muo/VsGsZGhjN1I/AAAAAAAA4Ag/S5ov2s9eIJY/s450/yoga_suki_man.png
つま先がすんなりと床に着けばまあまあの強度の運動をしたことになります(自分は)。着くのに苦労すれば強度が足りません。体が芯まであたたまっていません。
インターバルトレーニング後では着きやすいです。

で、夕食後疲れたので布団で横になってそのまま寝てしまいました。

その後2時くらいに目が覚めたんですが、頭は超スッキリして気持ちよかったです。
これです、これ。これをしばらく続けたい。

もう当たり前すぎることなんですが22時前後に横になって疲れでそのまま眠気に任せて眠る。これが最高です。
昨日は夜更かししてしまったのですっきりしません。
今日は早く寝る(はず)。

そうそうインターバルトレーニングは走るだけじゃなく、

早歩き → ゆっくり歩く

みたいなのでもOK。自転車でもOK。
どんな運動でも緩急をつけて行うと体力のある疲れにくい体になるそうです。
この情報はためしてガッテンとスポーツ心理学の権威、ジム・レーヤーさんの本から学びました。 

今日見た夢

久しぶりに夢を見たので記録。

 

倒れた木の下に岩があった。

倒れた木は一本で、岩は木の先端部分の下にあった。

木ではなくて、なぜか岩の方を動かそうとして手をかけた。

すると薄い青い色の服を着た赤ん坊がいて手をおもいきり握られた。

爪が食い込んでとても痛かった。

すごい力で全然取れない。

親指と人差し指の間の肉に赤ん坊の爪が食い込む。

 

夢でよかった。

もうiOSのパブリックベータを使うなんて言わないよ絶対

酷いことになりました。
新しもの好きなのでiOSのパブリックベータプログラムに参加していたんです。

最近は特に目新しいこともないし、Bluetoothスピーカーがよく途切れるようになったので公式のiOSに戻しました。

バックアップ取ってねって事だったんで、ちゃんとバックアップ取ってから真っさらにしました。いわゆるクリーンインストールです。そしてバックアップを戻そうとしたんですがOSが古いので戻せないとダイアログが、、。

パブリックベータは公式のものよりバージョンの数字が大きいのが原因みたいです。
そんなこと言われましてもね。ベータなんだから戻せるようにしておけよと思うんですが。

で、大変だったのは二段階認証をしていたAmazonのアカウント。

GoogleのAuthenticatorという一定時間で変更されるキーを発行するアプリを使っているんですが、そのアプリも再インストールして設定が消えちゃってるので、AmazonのアカウントとAuthenticatorを再度結びつけなくてはなりません。

でもそうしようとするとAuthenticatorで発行した数字を入力してくださいって出るのね。いやできないです。そっちがQRコードを発行してAuthenticatorで読まないとできないんですよ!

で、二段階認証ももう辞めます。

スマホ失くしたら詰むので。

普通のパスワードやアカウントは1Passwordを使ってます。

これすごい便利。

 

ちなみに、よく途切れるようになってたBluetoothスピーカーは途切れなくなりました。tileという紛失物を探すキーホルダーアプリを動かしてたのも原因だったみたい。あれ、常時Bluetooth使ってるから。

散歩

あまりにも天気がいいので近所のコンビニへ漫画を買いに行くついでに散歩をした。

昔はコンビニもなく、コンビニが角になっている信号もなく、なんならその道すらなかった。子供の頃そこの道は砂利が敷き詰められていて、いつまでも砂利道なのでそのままなんだろうと思っていた。今考えればアスファルトの下地だった。よくそこで花火をして遊んでいた。

兄の友達が裕福でたくさん花火を買って横に倒すと暴れて面白いのでそれで花火から逃げ回ってたりして面白かったな。

やがて舗装されたけどまだ車は全然通ってなくてローラースケートしてた。

小さな頃からアイススケートができたのでローラースケートもすぐにできた。

 

コンビニの帰り道は前に住んでいた家の方へ歩みを向けた。

今住んでいるところから四百メートルくらい離れた所だ。

少し前にその近くに喫茶店ができたというので見に行きたかったのだ。

小さな鉄工所はもうとっくに取り壊されて家が建っていた。

小さな池も埋め立てられて家に。

それはまあ知ってたんだけど昔のことを色々思い出してた。

田んぼが多かったので水路に小さな階段が付いていてそこで洗い物ができるような場所が二箇所あったんだけど、それもなくなってた。

そこで母親が便器を洗ってたな。

軽トラがギリギリ通れるくらいの細い路地を歩く。

幼い頃の友達の家の前を通る。

数年前のお盆にお墓で会った。今も住んでいるはずだ。

そこから少し北にはヤクザの家があって、郵便配達のバイトをしてた時には紋の入った年賀状が届いてた。でもそういう所のほうが挨拶はきちんとしていた。他のところでは「郵便です」と言ってもこっちをじっと見てるだけで何も言わない人が多かった。

でもヤクザはだめよ。餅つきとかハロウィンとかで近所の人が子供連れて本部に行くっていうニュースが風物詩だけどバカじゃないかと思う。

茶店があるという辺りはもう過ぎたけど何もなかった。また詳しく聞いてみよう。

少し西に小さなお寺がある。そこは前住んでいた家の本当に近所。はす向かいだ。

子供の頃、そこのお寺にお米を持っていくとご馳走が食べられるというなんか不思議な行事があって僕と兄と従兄弟との三人で行ったことがある。

お膳にきちんとした食事が出てきて(いわゆるご馳走ではなかったけども)緊張しながら食べた思い出がある。お寺なんだけどあまりお寺らしくないところだったなあ。人の出入りもないしお坊さんがいたわけでもないし。おばさんが上品で優しそうでいい人だった。

そのお寺の前の道を通った。昔あった公民館はお寺の敷地になっていた。木造のボロボロの公民館だった。机も木の寺子屋みたいな机で年季が入ってた。床の板なんか節の穴が空いてたからね。

そこを少し歩くと友達の親戚のお姉さんの家。いわゆる幼い頃の憧れのお姉さん的な感じの人だった。優しくて綺麗な人だった。

その隣が幼馴染の子の家。元町の電気屋。うちの電化線品はほとんどここで揃えた。ラジカセも買ったなあ。乾燥機とミキサーはまだ使ってる。ノベルティーギャートルズのコップのセットを貰ったけどまだ新品であるはず。冷蔵庫は壊れた。

また少し歩く。

田んぼの横に小さな畑があったのになくなってた。これも子供の頃その辺にいたらおじさんにネギの頭のボンボンみたいな球あるでしょ?あれを取っただろと言って文句を言われたことがある。取ってないのに。あれは本当に腹が立った。

まあそんな感じの散歩をして気持ちよく帰ってきました。

これから漫画読みます。

2018年のAmazon Vineで良かった商品

今年は断然ワイヤレスイヤホンが良かった! 

これ。

どうせ値段が高いだけの中華製でしょ、って思ってましたが良かった。
音がむちゃくちゃいい。
値段だけの音はします。

とりあえずそれだけ。