読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kamiokandoのブログ

kamiokandeで登録しようと思ったらすでにされていたので勢いでkamiokandoに

わが家にあるプリンスのお宝

最初プリンスって嫌いだったんですよ。

紫のイメージカラーと派手な衣装。まだそういうものに抵抗があった時期でした。

エロいしね。

ところがたまたまテレビでライブを放送しているのを観て(民放ですよ!いい時代だった!他にもサイモン&ガーファンクルビリー・ジョエルも放送してた。提供はソニーだったかな?)衝撃を受けましてw

グランドピアノの弦の部分あるじゃないですか。反響板を閉めた状態で、その上にプリンスが寝そべって反対側からピアノを弾いてるのを見て「天才や!」と思いました。楽器が上手い人だとは思ってなかったのでびっくりしましたね。

またオーディエンスをノせるのが上手い!

その後知ることとなったんですが、とてもファンを大切にしてる人なんですね。

それからしばらくしてレンタル屋さんで中古のLoveSexyを目にしまして、まあ一番嫌いな類いのジャケットですよw

LOVESEXY

LOVESEXY

 

 でも何か一枚欲しかったので思い切って買ってみました。

これがとてもよかった。これ、プレーヤーに入れても1曲しか表示されないんです。9曲入りなのに。つまり「全部通して聴いてね」という殿下(プリンスのあだ名)からのメッセージなんですね。iTunes Storeでも1ファイルの1曲売りされてたのでさすが殿下と思いました。

I KnowからのAlphabet Street、Glam Slamという流れがとても好きです。

以前にも書きましたが、Dance Onという曲に使われているドラムマシンが、おそらくYAMAHAのRX-17で、ちょうどRX-17を友達から借りていたのですぐに分かりました。ループでリアルタイムレコーディング(クオンタイズ有り)でレコーディングすると多分誰でもDance Onのようなトラックができます。ほんとほんと。

これがきっかけでアルバムをちょくちょく買うようになりました。

そしてファンのコアなwebサイトでレア音源の情報を入手。ファンクラブでしか買えないと聞いて、さっそく入会して買いましたよ。

それがクリスタルボール。

f:id:kamiokando:20160425153553j:plain

5枚入りで三千いくらかだったと思います。そんなに高くないですね。でも完成度はやはりイマイチで、正式にリリースされなかったのも分かります。ただ、やはり多作なんだなあと思いました。大昔に広瀬香美ミュージックステーション

「あたしもう曲作りません。いっぱいあるから。」

って言ってましたけど、そういう言葉を信じられるのはプリンスだけです。

その後、普通の通販サイトでも売られているのを見かけるようになりました。

 

the BEAUTIFUL experience

f:id:kamiokando:20160425153839j:plain

 「The Most Beautiful Girl In The World」のリミックス集です。

タワレコだか星電社だかでセールのワゴンに入れられてるのを見て買いました。

これもあまり聴いてないですね。今後じっくり聴いてみたいと思います。

 

Alphabet St.12inche

f:id:kamiokando:20160425153743j:plain

大好きなLoveSexyのAlphabet St.の12インチシングルをヤフオクで見かけたので購入。アンプが壊れているのでまだ一度も針を落としていません。

 

RAVE in2 the joy fantastic

f:id:kamiokando:20160425160114j:plain

これはRAVE un2 the joy fantasticのリミックス版です。

違うのはin とunの文字と、殿下の目線だけです。

この目線だけ違うってのが芸が細かくて好き。

これもびっくりするくらいの値段が付いていますね。売りませんけど。

DVDとかは持ってないです。

本当はライブがすごいんですけど、買うほどコアなファンでもなかったというか。ファンクラブには入っていたんですけどね。それもクリスタルボールを買うためだったので。いや、それは十分コアなファンになるのだろうか。

 

先日の突然の死、本当にびっくりしました。

もっともっとたくさん作品を作ってくれるもんだと思っていました。チャートに登らずとも、新聞のおまけでCDを付けたりとんでもない戦略で話題を作ってくれていました。そんなことしたらそもそもチャートに載るはずがありません。しかしその後のコンサートは成功したようで「さすが殿下」と思いました。

そうそう、そのおまけCDが20 Tenです。

20Ten

20Ten

 

これも持っていますが、もう写真を撮るのがめんどいです。

これも値上がりしてるなあ。買っててよかった。
今気づいたけど2010年発売だから20 Tenなのか、、。

本当に才能がパンツ履いて(時には脱いで)歩いているような人でした。

すべての楽器をクオリティの高い技術で演奏でき、レコーディングエンジニアもでき、作詞・作曲ができ自分で歌っちゃう。独特の世界観、音楽、ファンへの愛。ただ性を前面にしてるのが嫌なところもありますけど、グラハム・セントラルステーションをつくったエホバの証人でもあるラリー・グラハムの影響でややおとなしくなったそうで。あのラリー・グラハムもドアのチャイムを押すらしいですよ。